CMSコラムCOLUMN

サイト制作を簡単にするcms

cmsとは、コンテンツマネージメントシステムの略称です。その名前のとおり、サイトのコンテンツを管理するシステムのことです。このシステムの何が特徴かというと、HTML、CSSの知識がなくとも、サイトのコンテンツを用意してシステムに入力すれば、サイト制作が可能になるようになっていることです。もちろん、細かい設定ですとか、cmsの仕組みをいじるときには相応の知識が必要にはなりますが、簡単に、そもそも備わっている・簡単に設定できるようになっているであろうデザインのまま、ただ使う分にはコンテンツを入力するだけでサイト制作が可能です。また、Webブラウザでシステムを使うことができるものもありますから、更新作業は台文楽でしょう。

それだけ楽にサイト制作をできるシステムなのですが、設置するには条件が存在することがあります。要するに、用いる種類によっては、cmsはサーバーサイドの処理を必要とすることがあるのです。つまり、ある程度サーバに負担をかけてもよい状態である必要があります。選んだcmsの動作条件をきっちりと確認し、それが動くような環境を用意する必要があるでしょう。一般的にホームページスペースをレンタルするだけの無料サービスだと、サーバサイドの処理を可能にするサービスではないことが多いので、レンタルサーバをシステム用件をチェックした上で用意するのが、利用の早道かもしれません。ある意味、HTMLやCSSの知識の変わりに、設置手順などの知識を手に入れるといえることも起こりうるでしょう。

あとは設置代行などの様々なサービスを提供する業者を利用する手もあります。当然料金はかかるでしょうが、専門なら、やはり使用者側にそこまで知識がなくとも、確りと設置してくれると思われます。

なお、それを乗り越えると考えておけば、利用できるcmsの種類は様々なものがあります。最近などでは一般向けに、創作サイトのようなものを構築できるものもあります。そして料金に関しては、無料から有料のものまで様々に存在しています。それだけの種類がありますから、使い勝手も様々でしょう。有料のものを選ぶ場合は、そういったことも考慮して、システムを選んで置いたほうがよいと考えられます。

ただ、知識がないにせよ、それだけの処理をするシステムですので、セキュリティについては気をつけておくといいでしょう。万一バックドア的なものが、製作者の故意でなくとも存在してしまうと、サイトが改ざんされる可能性があります。