導入インタビュー

テレマーケティングジャパン Web担当者様 導入インタビュー

株式会社テレマーケティングジャパンWeb担当者様
vibit CMS の操作はとにかく「便利で簡単」
手近で更新できるようになり、大変助かっています

株式会社テレマーケティングジャパン
Web担当者様

 
vibit: 最初に、簡単に御社とご担当者様のご担当業務の紹介をお願いします。

Web担当者様:弊社はベネッセコーポレーションの100%子会社で、コールセンターをはじめとした、コミュニケーション(クロスメディアマーケティング)の戦略立案から企画・制作・構築・運営までを行なっています。私は、通常は自社のマーケティングの担当をしていますが、主にWebマーケティングを担当していることもあり、今回「わく@わ~く」の立ち上げにあたって、お手伝いをさせていただきました。


vibit: 「わく@わ~く」立上げの経緯を教えてください。

Web担当者様:「わく@わ~く」は、オペレーター(TSR)をはじめとした、コールセンタースタッフの採用に特化したWebサイトです。スタッフ採用はもともとコーポレートサイト内で行なっていました。しかし、弊社はB2B企業です。B2B企業のコーポレートサイトでスタッフ採用を行なっても、どこまで求職者にリーチするのか? という疑問がありました。また、この採用ページは一般ユーザー(求職者)にとっては見づらく、一方で採用担当者にとっては入力のインターフェースに問題を抱えているという、双方にとって不幸せなものでした。好景気により、求職者の方々も「アルバイトよりも契約社員、契約社員よりも正社員」を希望する、という流れになってきています。そんな時だからこそ、我々も自社のスタッフ採用サイトをよりしっかりしたものにする必要があると考え、今回のサイト立上げに至ったわけです。


vibit: 今回、新サイトにvibit CMS を導入しようと思った理由、きっかけはなんですか?

Web担当者様:これまでのスタッフ採用ページでは、いわゆる教科書通りのメッセージしか発信できておらず、お世辞にも「求職者の心に響く」ものではありませんでした。そのため、「わく@わ~く」では「働いている現場のナマの声を発信したい」という思いが念頭にありました。特にコールセンター業務の経験がない求職者に対して、「安心して働ける会社ですよ」というメッセージを発信していきたかったんです。そして、そのようなメッセージを発信するためには、採用現場にいるスタッフ自身が手早く更新を行なえることが理想的だと考えました。必要だと思ったら、即インタビュー、即更新みたいな流れですね。また、採用への当事者意識の強い人間がWebマスター的な仕事をすることにより、コンテンツは日々進化していきやすいのでは、という考えもありました。ただ、一般的なWebマスター業務の場合、相応のPCのスキルが必要になります。採用担当者が日々の業務に支障をきたさないようにWebマスター業務を行なうためには、なるべく簡単なインターフェースをもったCMSが必要だと考えていたんです。


vibit: 初めてvibit CMS のデモをご覧になったときの印象は?

Web担当者様:本当に操作が簡単だと思いました。このとき一緒にデモを見た弊社スタッフ全員が同じ感想を持っていましたね。また、事業本部内でvibit CMS のデモを行った時の反響は大きかったですね。 Movable Typeを流用したようなCMSだと、文字数の関係上、イメージしたものと実際に出来るページが違うこともままありますからね。vibit CMS の場合、実際にアップされる状態のページを見ながら編集作業ができる、という点が魅力だと思います。


vibit: 実際にvibit CMS を使ってみていかがでしたか?

Web担当者様: まず、vibit CMS の特長である「ツリーインターフェース」、これは非常に便利ですね。階層別にコンテンツの整理がしやすいので、おそらく、サイトマップの概念すらない人にサイトの運用を引き継ぐ時などは、最高に便利な機能でしょうね。 vibit CMS の操作は期待通り、とにかく「便利で簡単」。コーポレートサイト直下に採用コンテンツがあった頃は、制作会社への依頼と掛かる時間、コストなどを考えると、ページの更新や追加はやりにくかったのが正直なところです。しかし、vibit CMS によってコンテンツが手近で更新できるようになり大変助かっています。また同時に、コンテンツに注力できるようになった分、これまでスルーしていたさまざまな問題点に気づくようになりました。これは、意外な副次的効果と言ってもいいかもしれません。


vibit: 弊社スタッフの対応はいかがでしたか?

Web担当者様: 少々無茶なスケジュールを提示してしまいましたが(笑)、期待通りに答えていただきました。マメにメール等でコミュニケートできたのが良かったと思います。今後とも宜しくお願いいたします。


vibit: vibit CMS は、どんな会社(またはサイト)に向いていると思いますか?

Web担当者様: 1.頻繁に静的コンテンツを更新する必要があること。 2.サイト更新担当者(広報・商品担当など)のPCスキルが高くないこと。 3.リッチコンテンツを多用する必要がないこと。といったところでしょうか。これらの要件を満たしそうな会社であれば、業種は問わないような気がします。自分の案件で再び vibit CMS を導入するとしたら、「わく@わ~く」と同様に、「読んで、納得して、コンバージョンさせる」という流れを作る際に、読み物をマメに自前で更新・追加したい場合に導入するのがベストかなぁと思っています。


vibit: 最後に、一言vibit CMS に対するお薦めコメントをいただけますか(笑)?

Web担当者様: vibit CMS の導入によって、これまで制作会社頼みだった弊社のWebマーケティングに、「当事者意識の強い人間が、自分で考えて、自前でマメに更新する」という概念が加わりました。Webサイトの更新でお困りの企業であれば、もしかしたらvibit CMS が強い助け舟になるかもしれませんね。

vibit:ありがとうございました。

※現在サイトはリニューアルされました。

デモンストレーションのご案内
vibit CMS 資料請求フォーム

このページを見ている人は以下のページにも興味を持っています。