vibit CMSトップ > 新着情報・プレスリリース 一覧 > 「vibit CMS 4.2」を2010年2月1日リリース

前のページへ戻る
新着情報

新着情報・プレスリリース

2010/01/20
『vibit CMS 4.2』を2010年2月1日リリース

ヴィビットインタラクティヴ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:萩永 剛史、以下 ヴィビット)が開発・販売している『vibit CMS 4』(ヴィビット・シーエムエス ver.4)は、実際のブラウザ画面を見たまま簡単にページ更新ができる新タイプのCMS(Contents Management System)です。

この度、テキストや画像といったコンテンツデータを簡易なCSVファイルでCMSに入出力できる機能を標準搭載した『vibit CMS 4.2』をリリースします。商品ページなどの同一パターンで大量のページ数を持つサイトへのCMS導入やデータベースとの連携などで威力を発揮します。

また今回のリリースに伴い、各種プランの内容と価格体系を大幅に刷新し、スタンダードプランでも「公開承認ワークフロー機能」が使えるなど本格的なCMS機能が、よりリーズナブルな価格でご利用いただけるようになりました。


>> vibit CMS 4.2 プレスリリースの詳細はこちら

デモンストレーションのご案内
vibit CMS 資料請求フォーム

このページを見ている人は以下のページにも興味を持っています。

vibit CMS Neo

vibit CMS EC+

vibit CMS DB+

オンラインデモ

かんたん資料請求

インタビュー 

デモムービー

デモのお申込み