ニュース

vibit CMS Neoのお知らせ

 


データベースも見たまま簡単作成できるCMS『vibit CMS Neo』を
11月1日リリース!

2016.11.1 NEWS


現場の担当者がスマホ・タブレット端末でWebサイト・DB編集ができる。 
マルチデバイス対応「ユーザーインターフェース」デザインを刷新!

ヴィビットインタラクティヴ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:萩永 剛史、以下 ヴィビット)は、この度、新たに『見たままコンテンツDB作成・編集機能』を搭載した『vibit CMS Neo(ヴィビット・シーエムエス・ネオ)』を新規開発しました。本製品を2016年11月1日より販売開始します。


リリースから10年、これまで多くの大手・中堅企業や官公庁、団体、学校、病院など、約800サイトに導入実績があり「どのCMSよりも使いやすい」との評価をいただいている「vibit CMS」。
今回リリースする新シリーズの『vibit CMS Neo』は、大量の製品データやニュース記事などのコンテンツデータベース(以下 DB)を、Web担当者が直接DBテーブル設計から見たまま簡単に作成・編集できるので、DBを搭載した本格的なWebサイト構築のスピードアップ(工期の短縮)や開発コスト(価格・工数)の削減に貢献できます。

また、今回刷新されたCMS管理画面のユーザーインターフェースデザインにより、HTMLなどの専門知識を持たない現場の担当者でも、パソコンやタブレット、スマートフォンのブラウザから簡単にWEBサイト作成・更新や、DB作成・更新ができます。


■『vibit CMS Neo(ヴィビット・シーエムエス・ネオ)』とは
直観的に操作できるUI(ユーザーインターフェース)で、まるでブロックを組み立てるようなシンプルで簡単な操作だけでWebサイトを編集することができます。

<機能の特長>
1) 見たまま作れるデータベース
『vibit CMS Neo』では、数万点からなる製品データや医薬品データ、膨大なレシピ集やニュース記事などのテキストや画像ファイルを、見たまま簡単操作でDBに必要なテーブル(表)を作成し、レコード(情報)を登録することができます。

また、DBに登録された情報はページ編集画面で個別参照や一括参照することができるので、思い通りにページに情報を掲載することが可能です。例えば、数万点に及ぶ製品情報サイトを作成する場合、製品一覧ページや製品ごとの詳細ページを簡単な操作で自動的に作成することができます。さらに、公開Webサイトでカスタム条件検索などの様々な検索サービスのDBとして活用することもできます。

2) 1つのライセンスで複数サイトが作成できる
『vibit CMS Neo』は、1つのライセンスで複数のサイトを作成・管理できるので、コーポレートサイトや製品・サービスなどのPRサイト、採用サイト、社員向けイントラサイトなど、ターゲットの異なる目的別のWebサイトを複数運営管理することができます。それにより、他社CMS製品と比べて圧倒的に費用対効果の高いCMS導入が実現できます。また、無段階のサイトツリー作成や本格的な承認ワークフロー機能、バックアップ・リストア機能の他、サイト管理者のための管理機能も充実しています。

3) 多言語サイトの作成・管理が容易
『vibit CMS Neo』の強力なサイトコピー機能(サイトの複製)を使えば、日本語サイトをまるごとコピーできるので、同じページ構成の英語サイトや中国語サイトなどの多言語サイトが容易に複数作成できます。また、サイトをコピーする際、参照しているDBを「複製する」or「複製しない」を選択できるので、製品DBなどの情報の一元化や複製も可能です。

4) パソコンやタブレット、スマートフォンでも簡単に操作できる管理画面
『vibit CMS Neo』の管理画面は、パソコンはもちろんタブレットやスマートフォンでも簡単に操作できます。例えば、現場でスマホやタブレットで撮影した写真をそのままWebサイトにアップすることができるので、拠点サイトの現地編集が容易となり、情報の鮮度やボリュームを向上させることができます。もちろん、作成したサイトはレスポンシブコーディングに対応していますので、マルチデバイス対応サイトが簡単に作成・編集できます。

5) Web会員サイトや通販サイトにも展開できる拡張性
『vibit CMS Neo』には「vibit User DB」の利用ライセンスを標準搭載しています。これにより、本格的なWeb会員サイトの運営や、会員向けメルマガの配信などCRM機能を持ったサイト運営が可能です。また、通販(EC)サイトでは、商品データをDBと連携することで商品情報の掲載を簡単に行うことができます。
vibit製品はすべて自社エンジニアによるプログラム開発なので、カスタマイズや機能拡張、他システムとの連携なども柔軟に対応できます。

6) 豊富な導入実績と高いセキュリティ
『vibit CMS Neo』は、官公庁・金融機関・上場企業・医療機関サイト等、豊富な導入実績と使いやすさで選ばれるCMS「vibit CMS 6」の上位シリーズになります。
稼働率99%以上・利用継続率98%以上の高い信頼性を誇るCMSで、フリーウェアやブログ型CMSと比べ、セキュリティ面でも安心して導入できます。また、クラウドサーバー環境でも稼働しますので、DR対策(ディザスタリカバリ)も施すことができ、スムーズな災害復旧体制を構築できます。


以上、『vibit CMS Neo』の機能について簡単にご説明しました。コンテンツDB作成・編集機能の用途・可能性は計り知れません。既に、数十万点の製品情報を有する大手計測機械メーカーの製品サイトリニューアル案件にも『vibit CMS Neo』をお選びいただいております。

ヴィビットインタラクティヴは、企業WebサイトやDBの構築・運用業務で、今後ますますニーズが多様化・高度化していくCMS市場において、規模の大小を問わずユーザーの声を重視した「使いやすさ」を最も反映したCMSの開発を通じて、便利で低コストなサイト運営に貢献していきます。


■「vibit CMS」とは
「vibit CMS」は、実際のブラウザ画面を見たまま簡単にページ更新ができるクラウド型(ASP型)のCMS(Contents Management System)。実績として、イオンシネマ、JUKI、日本赤十字社、JALカード、東京大学医学部附属病院、キッセイ薬品工業、東京大学、国立市立小中学校、官公庁、ホテル・旅館、飲食店、美容サロンなど、現在約800サイトのWebサイトやモバイルサイトに導入され、業種や規模を問わず、多くのWebサイト担当者から支持されています。


■『コンテンツDB作成・編集機能』の主な仕様
・データベース新規作成・編集
CMS管理画面で簡単にDBを作成することができます。データベース(DB)に必要なテーブル(表)のフィールド(項目)の定義や、レコード(情報)の登録・編集・削除などが簡単なブラウザ操作のみで管理できます。

・レコード新規登録・編集
作成されたDBに、簡単なブラウザ操作でレコードの登録や編集・削除ができます。画像などのファイルはあらかじめファイル管理メニューで登録したファイルを登録します。作成されたDBレコードは、ページ編集画面のDB参照ブロックで簡単にレコードに登録されたテキストや画像を表示(参照)させることができます。

・公開設定
レコード毎にあらかじめ公開日時や閉鎖日時を設定することができます。

・グループアクセス
レコード毎にアクセスできるグループを選択することができます。アクセス権限はレコードやファイル毎にグループ単位で参照・編集・削除・承認の権限を付与することができます。

・動的DBコンテンツ検索・表示タグ
DBに登録されたレコードを公開サイトで動的に検索したり、動的ページとしてコンテンツを表示させたりすることができます。CMS独自の検索・表示タグを埋め込むことで、DB連携したコンテンツ検索サービスや動的なコンテンツページの表示が簡単に実現できます。
※ インストールタイプのみ対象となります。検索項目や表示項目はカスタム対応。


■「vibit User DB」の主な仕様
※ 『vibit CMS Neo』に標準バンドルしています(プランによる)。
・ユーザー管理機能
・ユーザー属性別メルマガ配信機能
・ユーザー検索機能
・会員向けマイページ機能
・レコメンド表示機能(ユーザー属性別におすすめコンテンツ表示切り分け※)
・アクセスログ解析機能
 など


■『vibit CMS Neo』の提供価格
【vibit CMS Neo ASPタイプ/ライトプラン】
(1サイト/2,000ページ迄)
初期導入費:¥300,000~  (税別)
年間利用費:¥200,000~/年(税別)

【vibit CMS Neo ASPタイプ/スタンダードプラン】
(5サイト/10,000ページ迄)
初期導入費:¥600,000~  (税別)
年間利用費:¥500,000~/年(税別)

【vibit CMS Neo ASPタイプ/アドバンスプラン】
(サイト数/ページ数 無制限※1)
初期導入費:¥900,000~  (税別)
年間利用費:¥900,000~/年(税別)

【vibit CMS Neo インストールタイプ/ライトプラン】
(1サイト/ページ数 無制限※1)
初期導入費:¥600,000~  (税別)
年間利用費:¥300,000~/年(税別)

【vibit CMS Neo インストールタイプ/スタンダードプラン】
(5サイト/ページ数 無制限※1)
初期導入費:¥900,000~  (税別)
年間利用費:¥700,000~/年(税別)

【vibit CMS Neo インストールタイプ/アドバンスプラン】
(サイト数/ページ数 無制限※1)
初期導入費:¥1,200,000~  (税別)
年間利用費:¥1,200,000~/年(税別)

※ 上記のプラン以外にもご要望に応じてカスタムプランを御見積させていただきます。
※ CMS設定作業費、CMSテンプレート制作費(オプション)は別途御見積にて承ります。
※ 上記価格は変更となる場合があります。
※1 CMSシステム上は上限値を設けませんが、ベストエフォート値となります。


■ヴィビットインタラクティヴ株式会社 概要
社名   : ヴィビットインタラクティヴ株式会社
設立   : 2001年7月5日
本社所在地: 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前ビル
TEL    : 03-4540-1270
代表者  : 代表取締役 萩永 剛史
資本金  : 1,000万円
URL    : http://www.vibit.net/
事業内容 : vibit CMS の開発・販売、
       Webサイトの制作・DBシステム開発・運用

■本件に関するお問合せ先
ヴィビットインタラクティヴ株式会社
Webソリューション事業部/vibit CMS 担当:萩永、藤巻
TEL  : 03-4540-1270
E-MAIL: info@vibitcms.com
URL  : http://www.vibitcms.com/


  • お問い合わせ
Copyright (C) 2016 vibit interactive inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP